集まれ農機具メーカー!

農機具に欠かせないガソリンコックの知識

ガソリンや混合燃料を使用するタイプの農機具には、ガソリンコックが取り付けられているケースが多くなっています。この部品はエンジンを作動させるためには重要なもので、使用の際には知っておきたいことが幾つかあり、機材を長持ちさせるためには要チェックです。

トラブルの予防方法など、色々と見ていくことにしましょう。

ガソリンコックって何?

エンジンタイプの農機具に幅広く搭載されているのがガソリンコックで、他には燃料コックや燃料ストレーナーとも呼ばれています。その役割は、燃料や空気の供給を行う経路を開閉すると言うものとなっており、いわば安全装置と考えられるでしょう。

使用時には燃料を供給するために経路を開き、逆に保管時は燃料漏れを防ぐために遮断します。農機具の一種である草刈機では、ハンドル付近にレバーが付いており、これで燃料パイプを開閉しますが、これが燃料コックの身近な例と言えるはずです。

他には耕運機や田植え機などにも採用されているケースがあります。構造は極めてシンプルで、金属製のパイプにレバーが付属しており、これを操作することで燃料の供給・遮断を切り替えると言うものが多いです。一般的にはエンジンと燃料タンクの間にある燃料パイプに取り付けられています。

また、ガソリンコックにはストレーナーカップが付属し、一体化して取り付けられていることが多いです。これは半球状のパーツで、エンジンにゴミや水分が送り込まれるのを防ぐような効果があります。両方合わせてガソリンコックとして販売されていたりもしますが、厳密には別物となりますので気をつけましょう。

ガソリンコックは農機具を長持ちさせるのに大切

エンジンタイプの農機具を使っていると、ある日突然、セルが回らなくなったなどの不具合に見舞われるケースがあります。元々が割と高価な品物と言うこともあり、不調になると買い替えや修理のために費用も嵩んでしまいますので、できればトラブルは避けたいもの。

エンジン関係のトラブルの予防には、ガソリンコックを使って燃料抜きを行うと効果が期待できますから、ぜひ、やり方を覚えておいて普段から実践するようにしましょう。燃料は基本的にタンクからガソリンコックを経過し、その後でキャブレターに入る構造が一般的です。

キャブレターは燃料を気化させて燃焼を助けるパーツとなります。農機具を使用した後、このパーツに燃料が残ったまま保管しておくと、トラブルの一因となってきますから、そうなる前にガソリンや混合燃料を抜き取ることが重要です。

燃料は長期間、空気にさらされていると酸化するなどして性能が劣化し、燃えにくくなるためにエンジントラブルの原因となりえます。

ガソリンコックを使って燃料を抜くには

使用されている農機具の構造にもよりますので、マニュアルで確認することがまずは大切です。それを前提に、今回は、一般的に良く行われている2つの方法を紹介します。1つ目はキャブレターなどに燃料排出ドレンが付いている場合に使う方法です。

排出ドレンが付いている場合は、最初にガソリンコックをオフにして燃料を遮断します。次に排出ドレンを開ければ燃料が抜け出てきますから、これを予め用意しておいたコップなどに注ぎ込みましょう。排出ドレンはキャブレターに付いている他にも、ガソリンコックに設置されていたり、場合によっては他の箇所にある製品も見られます。

2つ目は、排出ドレンが付いていない場合でも使える方法です。農機具を使い終わったらエンジンを停止させず、そのままガソリンコックをオフにします。これによって燃料供給が絶たれるわけですが、キャブレターに残留している分が燃え尽きるまでは、エンジンは停止しません。

エンジンが自然に停止した時には、キャブレター内の燃料が使いつくされ、抜き取ったのと同じような結果になるわけです。ただし、この方法はメンテナンス不足の場合などでは、農機具を傷めるリスクがあるので気をつけて下さい。

より丁寧な保管方法としては、燃料をタンクからも抜き取っておくと言うものもあり、長期の保管では、これを行った方が安心でしょう。タンクから燃料が漏れ出るようなリスクを避けられます。こちらは、ガソリンコックを開けたままの状態で、ドレーンを開放することで全部の燃料を抜き取ることが可能です。

→農機具の法定耐用年数は難しい!経験談から分かった税理士に任せるポイントや注意点!

ガソリンコックが故障した時に!自分で交換できる?

ガソリンコックは長年使っていると劣化し、うまく燃料を遮断できなくなったり、レバーの付け根辺りからガソリンが漏れてしまうようなことがあります。このようなトラブルが生じた時には、早めに修理・交換していくことが大切です。

交換については構造が簡単な芝刈り機などの場合でしたら、自身で行うことも充分に可能でしょう。燃料ホースにつきさしてあるだけだったりしますから、特に専用の器具が必要にならないケースが多いです。もしも燃料漏れが生じた時には、ガソリンコックが原因の時も多いですが、これと一体となっているストレーナーカップの劣化によって起こる場合も少なくありません。

どちらが原因かわからない時には、両方共に新しくしてしまっても良いでしょう。作業の際には燃料をすべて抜いてから行うことを忘れないで下さい。故障した際の注意事項として、自身で修理を行うと、何があっても自己責任となる点は注意しましょう。

トラブルの際には自身で無理をせず、農機具販売店などに相談するのが、確実な解決方法としておすすめです。

ガソリンコックの購入について

ガソリンコックはオンラインショップで購入することが可能で、割と手軽に入手することができます。ただし、発売されてから間もない製品でしたらラインナップされているかも知れませんが、古い機材の場合には取り扱いがない可能性が高いです。

もしも、欲しいガソリンコックがない場合には、農機具の販売正規店や代理店に相談してみると良いでしょう。

このような専門性の高いショップですと、メーカーから取り寄せたり、在庫からなんとか探し出してくれるかも知れません。近くには店舗がない場合には、オンラインで代理店などを探してみて下さい。中にはメーカーからの取り寄せに対応しており、オンラインで発注できる店舗も見当たります。

使用中の機材に適応するコックを選ぶには、マニュアルなどで部品型番が判れば確実です。しかし、機材が古かったりするとマニュアルが残っていない可能性も高いでしょう。このようなケースでは部品ではなく、農機具自体の型番を販売店などに伝えると、適したものを探してくれるはずです。

メーカーの方に問い合わせてみるのも良いでしょう。

→高額な農機具を購入するのに気になるシェア率!一番人気のメーカーは?

Scroll To Top